ドレスリフトローションの使い方のポイント

ドレスリフトの使い方

40代からのエイジングエアコスメ「ドレスリフト」のローションの効果的な使い方を紹介します。

ドレスリフトローションを効果的に使えば、乾燥しがちな肌に潤いを与えて、ふっくらとしたハリと弾力を導いてくれます。

40代から乾燥による小じわやたるみなどエイジングサインに悩んでいる人におすすめですが、さらに上記のポイントを押さえて使うとより効果を実感できますよ。

ドレスリフトローションの使い方1)40代からエイジングケアを意識

40代に差し掛かると本格的に「肌の老化」を実感してしまう人が増えてきます。

乾燥しがちな肌に揺らいだり、鏡を見ると小じわやたるみが目立ってきたり、今までと同じスキンケアをしているはずなのに、顔がくすんだり夕方にはカサカサになっていたり・・・。

そんなエイジングサインが現れたら、いよいよエイジングケア専用のコスメを使うことを考えましょう。

20代ではどんなスキンケアでも、もともとの肌のポテンシャルが高いので、化粧品の違いはそれほど感じなかったでしょう。

しかし、40代になるとスキンケア化粧品の違いがハッキリと感じることができます。これまでの化粧品で肌の調子が整わなくなったら、40代からのエイジングケア化粧品「ドレスリフト」に変えてみましょう。

ドレスリフトローションの使い方2)肌を温めて浸透力アップ

ドレスリフトローションはとろみのあるテクスチャで、肌なじみがよく、角質層に保湿成分・美容成分をしっかり浸透させてくれます。

ドレスリフトローションの浸透率をアップさせるには、肌を温めると効果的です。

肌は温めると血行が良くなり、細胞が活性化します。細胞が活性化した状態で、ドレスリフトローションの保湿成分や美容成分を塗ると、しっかりと浸透し細胞が健やかになります。

肌を温めるには温水で洗顔するのも良いですし、スキンケアの前に蒸しタオルなどを顔に乗せておくのも効果的です。

ドレスリフトローションの使い方3)昼と夜で使い分ける

ドレスリフトローションを塗ったあとには、乳液や美容液で潤いを逃さないようにする必要があります。

ドレスリフトシリーズには、日中用乳液「ドレスリフトデイエマルジョン」と夜用クリーム「ドレスリフトナイトクリーム」というラインナップがあります。

朝ドレスリフトローションを塗ったあとには、日中用乳液のデイエマルジョンを使用します。夜ドレスリフトローションを塗ったあとは、夜用クリームであるナイトクリームを使用します。

昼は乾燥しないようにしっかり潤いを維持する昼用乳液、夜はターンオーバーや肌細胞の修復を促すたっぷり保湿のナイトクリーム、これらを使い分けることによって効果的にエイジングケアできます。

[ドレスリフトローション/使い方]顔への塗り方

スキンケアの要とするアイテムが化粧水です。ドレスリフトローションも化粧水の重要性から、1本で6つの役割ができるように開発されています。

そんなエイジングケアの要とも言えるドレスリフトローションは、付け方もいろいろあります。

主に手を使ってそのまま付ける場合と、コットンなどに含ませてから肌に乗せる場合です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、使い方とともに紹介していきます。

手でドレスリフトローションを塗る方法

ドレスリフトローションは手を使って塗る人が多いでしょう。手で塗る際のメリットとデメリットをあげてみます。

手を使うメリット
  • 手の体温で温めながらつけることができる
  • 肌を傷つけず力加減も微調整できる
  • 道具を使わないのでお金がかからない
  • マッサージも一緒にできる
  • 1回の使用量が少なくて済む
手を使うデメリット
  • 手の雑菌や汚れが付く可能性がある
  • 手がガサついていると肌に負担がかかる

 

1.ドレスリフトローションを手に取る

ドレスリフトローションを適量手に取ります。化粧品はたっぷりパシャパシャつけるのが良いという説もありますが、エイジングケアでは必要以上に取りすぎるのはNGです。

肌が吸収できる量は決まっていますし、贅沢な成分を配合しているのでもったいないですからね。

 

2.ローションを手で温める

手のひらにローションを取ったら、両手に広げながらじんわり温めます。ローションが手からこぼれないように注意してください。

人肌にローションが温まったら、両手を使って顔全体に塗ります。顔の中心から外側に向かって伸ばすように塗りましょう。

この時、力は入れずに叩かないようにして、顔全体に乗せるような優しいタッチで塗っていきましょう。

 

3.小鼻など細かい部位も丁寧に

顔の凹凸がある小鼻や目のキワ、ほうれい線や口元などは、ローションを塗り忘れる場合もあるので、丁寧に指で重ね塗りしましょう。こすらずにタップするように優しく浸透させます。

 

4.最後にハンドプレスで浸透させる

ドレスリフトローションの保湿成分や美容成分を角質層の奥まで浸透させるイメージで、手のひらで肌に成分を押し込むようにハンドプレスしましょう。

手が乾いてしまったら追加で化粧水を取ります。おでこやあごなどフェイスラインまで、温めながらじっくり浸透させてください。特に乾燥が気になる人はハンドプレスが効果的です。

コットンでドレスリフトローションを塗る方法

コットンを使ってドレスリフトローションを塗る方法とメリット・デメリットを紹介します。

コットンで塗るメリット
  • 清潔な状態で化粧水をつけることができる
  • 均等につけることができる
  • パッティング後、パックとしても使える
コットンで塗るデメリット
  • コットンが毛羽立つと摩擦で肌に負担がかかる
  • コットン代金がかかる
  • コットンに吸収される分、1回の使用量が増える

 

1.コットンに化粧水を含ませる

清潔なコットンを手に取り、たっぷりとドレスリフトローションを染み込ませます。コットンがひたひたの状態になるくらい含ませましょう。

ローションの量が少ないと、コットンが毛羽立ちやすくなるので注意しましょう。

 

2.やさしくパッティング

手で塗るときと同様に力を入れてはいけません。コットンに染み込んだローションが少しずつ滲み出るように優しく顔全体にパッティングしていきましょう。

 

3.細かい部位も忘れずパッティング

顔全体にローションをなじませられたら、小鼻や目のキワ、口元やほうれい線など細かい部位を丁寧にパッティングしましょう。細かい部分は力を入れて押し込みやすいですが、優しくローションを行き渡らせればいいので、丁寧に行いましょう。

効果的にドレスリフトローションを塗るために肌を温める

ドレスリフトローションを効果的に浸透させるためには肌を温めるのが有効です。

手で塗るときには人肌まで自然に温まりますが、時間がかかりますし、手が冷たいと意味がありません。また、コットンの場合は温めることができないです。

だから、スキンケアの前に肌を温めておくと、時短になるし、浸透も高められるのでおすすめです。

蒸しタオルで肌を温める

蒸しタオルは洗顔やクレンジングの前に使うと、毛穴が開いて汚れも落ちやすくなります。

蒸しタオルは洗面器に45度くらいのお湯を入れ、そこにタオルを浸してお湯が垂れない程度に絞れば完成です。

レンジを使う場合はタオルを水で濡らして軽く絞り、500Wで30秒?40秒ほどレンジで温め、タオルを軽く叩いてちょうどいい温度にします。

熱すぎると肌を傷めることになってしまうので注意しましょう。

蒸しタオルは顔全体に広げて1分程度置いておきます。呼吸しやすいように、鼻の穴や口は開けておきましょう。肌が温まったらクレンジング・洗顔などを行い、ドレスリフトローションを浸透させましょう。

ぬるま湯で肌を温める

ぬるま湯で肌を温める場合はシャワーを使うと楽ちんです。38度くらいのぬるま湯のシャワーを1分ほど顔に当てると肌が温まります。

面倒な人はクレンジングや洗顔ですすぐ時に38度くらいのぬるま湯で行うことによって、ドレスリフトローションを塗るときには肌が温まっている状態になります。

入浴後は自然に肌が温まっているので、スキンケアの効果が格段に上がりますよ。

マッサージで肌を温める

ドレスリフトローションを塗りながら、マッサージすることで肌を温めて浸透力を上げる方法もあります。

ドレスリフトローションはとろみのあるテクスチャなので、手と顔の摩擦を少なくして、滑らかにマッサージすることができます。

ただし、マッサージしている間にドレスリフトローションが蒸発していくこともあるので、マッサージをするときにはたっぷりめにドレスリフトローションを使いましょう。

[ドレスリフトローション/使い方]塗るタイミングや時間・量など

ドレスリフトローションを塗るタイミングや時間、頻度や量など、正しい使い方をする上でポイントになります。

化粧水なので、基本的には洗顔後のタイミングで、朝と晩の1日2回塗るのが基本です。

1回の使用量は肌質によっても変わってきます。どれくらい乾燥しているのかや、季節によっても適量は調整すると効果的です。

朝にドレスリフトローションを塗る

朝のスキンケアの目的は、日中外で受ける刺激に対して防御する力をつけることです。

朝は寝ている間に分泌された皮脂や、布団についたホコリやダニの死骸などで汚れています。しかし、夜中は肌のバリア機能を修復する時間でもあり、朝はバリア機能が整っているとも言えます。

だから、朝は必要最低限、余計な脂と汚れを落とす洗顔を軽く行ってから、ドレスリフトローションを塗るようにしましょう。

日中は紫外線や花粉やホコリなど肌への刺激を強く受けます。したがって、スキンケアのあとは日焼け止めなど肌を守るケアも怠らずに行うとダメージを少なくすることができます。

夜にドレスリフトローションを塗る

夜のスキンケアは日中に受けた肌のダメージを修復する準備をする役割があります。

メイクや紫外線、空気中のホコリや花粉が肌についているので、まずはクレンジングと洗顔でしっかりと洗い流しましょう。

クレンジングと洗顔をすると、肌は少し乾燥しやすくなっている状態です。ドレスリフトローションを肌が乾燥しきらないうちにたっぷりと補給しましょう。

そして、寝ている間にはお肌のゴールデンタイムを迎えて、ターンオーバーや肌の修復が行われるので、しっかりと保湿や栄養を与えるためにも、美容液や乳液もしっかりと浸透させておきましょう。

さらに、定期的にパックなどより効果的な集中ケアをすることもおすすめです。

ドレスリフトローションの適量

ドレスリフトローションの1回の使用量は、使う時間、季節、肌質などによって変わります。

乾燥肌に揺らいでいる人は、ドレスリフトローションを多めに使用して、たっぷりと保湿をするほうがいいですし、逆に脂性肌や混合肌など、どこか脂っぽい部分がある場合は、べたつかない程度に使用量を調整したほうがいいでしょう。

さらに、冬は何もしなくても肌が乾燥しやすいので、乾燥を感じたらたっぷり塗るようにしたほうがいいですね。

適量は人それぞれ違うので、使いながら、べたつかずしっとりもっちりする肌になるように調整しましょう。

[ドレスリフトローション/使い方]ドレスリフトの基礎化粧品を使う順番

アテニアのドレスリフトシリーズは、フェイシャルウォッシュ(洗顔)、ローション(化粧水)、デイエマルジョン(日中用乳液)、ナイトクリーム(夜用クリーム)の4種類がラインナップされています。

スキンケアの最初はドレスリフトフェイシャルウォッシュで洗顔をします。濃密でふっくらとした泡が、キメの隙間の汚れまでさっぱりと洗い流してくれ、清潔でもちっとした素肌にしてくれます。

清潔な素肌になったら、次はドレスリフトローション(化粧水)を使用します。とろみのあるテクスチャが肌にしっかりとなじんで、角質層の奥までうるおいで満たしてくれます。

肌細胞に潤いが満たされたら、朝のスキンケアならデイエマルジョン、夜のスキンケアならナイトクリームを使用します。

ミルクタイプのデイエマルジョンは午後までしっかりと潤いをキープしてくれますし、ナイトクリームは翌朝までにふっくらと弾力のあるハリ肌を導いてくれます。

[ドレスリフトローション/使い方]保管方法と使用期限

毎日のように使用するスキンケア化粧品ですが、保管方法や使用期限を正しく守らないと、本来の効果を発揮することができません。

いろんな化粧品を使いたいからと、開封済みの化粧品をたくさん置いていたり、いつ買ったのかわからないものを使ってみたり・・・そんな保管の仕方をしていると、劣化した化粧品が肌トラブルを招く恐れもありますよ。

化粧品は劣化しないように適切な場所に保管して、使用期限を守って使用しましょう。

ドレスリフトローションの使用期限

ドレスリフトローションの使用期限は特に表記はありません。

これは薬機法で使用期限を表記しなくても良いという条件を満たしているからです。その条件とは、「未開封であれば3年以上品質を保つことができる」というものです。

化粧品に使用期限が書かれているほうが珍しいと思いますが、その理由は劣化しないように防腐剤などを配合しているからです。

だから、未開封であれば保管状態が良ければ3年間は品質が変わらないということになります。しかし、これはあくまで未開封の場合の話です。

開封した化粧品は一般的には6ヶ月以内に使い切るのが良いと言われているので、ドレスリフトローションも開封したら、毎日適切に使用して、使い切るようにしましょう。

ドレスリフトローションの保管場所と保管方法

ドレスリフトローションの適切な保管場所は、一般的な他の化粧品と同様で、高温多湿を避けて、涼しい場所に保管するということになります。

未開封の状態なら密封されているので、上記の保管場所や方法で品質は保つことができますが、開封したら劣化しないように保管することが求められます。

例えばドレスリフトローションの注ぎ口に汚れた手で触れたりすると、そこから雑菌が増えて、それがローションの劣化につながります。さらに雑菌が肌についてしまうとニキビや炎症など肌トラブルを引き起こすことも考えられます。

開封したあとはできるだけ清潔な手で取り扱うようにして、使ったら劣化しないようにすぐに蓋をしっかりとしてください。

夏は冷蔵庫で冷やして使うのもアリ

化粧水を冷蔵庫で保管する人もいますが、ドレスリフトローションを冷蔵庫で保管するのもアリでしょう。

とくに暑い夏場は、冷たい化粧水が気持ちいいので、リラックス効果が期待できます。

しかし、冷たい化粧水は体温を奪ってしまい、細胞の活性化を妨げることもあるので、肌を冷やしてしまう場合はやめたほうがいいでしょう。

肌の温度が下がらないように、予め蒸しタオルなどである程度肌を温めておくと、冷たいドレスリフトローションを使っても冷えすぎず、気持ちよく使用できるでしょう。

ドレスリフトローションを旅行で使うなら小分けボトルに詰め替える

ドレスリフトローションを外出先や出張先で使用する場合は、小分けのボトルに詰め替えて持ち運ぶと便利です。

ボトルは100円均一などでコンパクトなものが売っていますが、できるだけ密封するものを選びましょう。

また、外出する日数に合わせて移し替える量を決めましょう。

というのも、外出先で使用した化粧水を、自宅に戻ってから元のボトルに戻すのは衛生面の観点から避けたほうがいいでしょう。

自宅でも使いたいなら、小さいボトルのまま置いておいて、そちらを優先的に使用するようにしてください。